武豊町観光協会 |  トップページ  |  アクセス  |  お問い合わせ  |
まちの応援団(企業・団体)
武豊町観光案内所
武豊観光ガイドマップ
たけとよフォトギャラリー
ブログ 武豊町エクスプローラー
武豊観知恵袋
関連リンク
武豊町
夢乃蔵
武豊町観光ガイドボランティア
広告
このスペースに広告をだしませんか
▼ モバイルサイト
モバイルサイト QRコード
たけとよ知恵袋

中定商店(醸造伝承館)

明治十二年六月
初代、中川定平が豆みそとたまりの醸造蔵として創業した。
二代目中川定平(中川佐一郎)は、味噌の味に多大な影響を及ぼす、麹の品質向上に心血を注ぎ、その味噌とたまりは好評を博した。
大正から昭和にかけ、急速に事業を拡大し、愛知県下に三つの支店を置き昭和七年三月「合名会社中定商店(中川定平の中と定をとり中定商店とする)」を設立した。
五代目中川隆文は東京農大醸造科に学び、その知識を持って、経営と味噌造りの改革を進め、昭和六十二年弊社と味噌・たまりの歴史を多くの人に感じて頂くことを目的に塩蔵を改造し「醸造伝承館」を開館した。
平成十六年と平成二十一年には、社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会にて、農林水産省総合食料局長より優秀賞を受賞。
明治時代からの杉桶にて、木造・土壁の蔵の中で二~三年かけて熟成。
また蔵はすべて木造でそれぞれ名前が付けられている。
醸造伝承館には、古いポスター、勘定帳、商品ラベル、味噌たまり造りの手順を示したイラスト画、また木製の圧搾機等の昔の醸造設備が展示され見ていても飽きの来ない展示場になっている。
中定商店の代表的な商品は、幻蔵・宝山たまり、宝山味噌・吟醸、おかずみそ等がある。

前へ前へ | 知恵袋一覧へもどる | 次へ次へ

|  当サイトについて  |  サイトマップ  |  入会について  |  お問い合わせ  |