武豊町観光協会 |  トップページ  |  アクセス  |  お問い合わせ  |
まちの応援団(企業・団体)
武豊町観光案内所
武豊観光ガイドマップ
たけとよフォトギャラリー
ブログ 武豊町エクスプローラー
武豊観知恵袋
関連リンク
武豊町
夢乃蔵
武豊町観光ガイドボランティア
広告
このスペースに広告をだしませんか
▼ モバイルサイト
モバイルサイト QRコード
たけとよ知恵袋

第十六話 付録 庚申信仰

 庚申信仰は、古代中国の道教の信仰で、わが国へは古く奈良時代に伝わり、江戸時代に一般化した。天帝(最高神)が、各人の体内に巣食う三尸(さんし)という虫に命じて、その人の是非善悪を庚申の日の夜に報告させ、賞罰を与えられるので、その夜は寝ないで、三尸の昇天を止めようとする習俗であったが、わが国へ入ってから、仏教では青面金剛、神道では猿田彦神と習合して、旅行中の安全、家業繁栄の守り神として、路傍にまつられることが多い。

前へ前へ | 知恵袋一覧へもどる | 次へ次へ

|  当サイトについて  |  サイトマップ  |  入会について  |  お問い合わせ  |