武豊町観光協会 |  トップページ  |  アクセス  |  お問い合わせ  |
まちの応援団(企業・団体)
武豊町観光案内所
武豊観光ガイドマップ
たけとよフォトギャラリー
ブログ 武豊町エクスプローラー
武豊観知恵袋
関連リンク
武豊町
夢乃蔵
武豊町観光ガイドボランティア
広告
このスペースに広告をだしませんか
▼ モバイルサイト
モバイルサイト QRコード
たけとよ知恵袋

第四話 付録 堀田稲荷

ここに登場する堀田稲荷は、倉(クラ)稲(イネ)魂(タマノ)神(カミ)をまつり、天文5年(一五三六)の創建と伝えられ、延享3年(一七四六)の棟札には稲荷明神、嘉永3年(一八五〇)のは堀田稲荷大明神と書かれているので、江戸時代中ごろ以降から、現字名川脇の旧名を用いたものと思われる。もともと稲荷は、農耕の神であるが、江戸時代には商売繁盛・渡海安全・豊漁の守護神としても信仰され、対岸の三河や遠く美濃からの参詣も多い。
この昔話は、この神社の創建に醸造・海運の盛んな大足村とが結びついてできたものであろう。なお当社に江戸時代の算額が掲げられている。

前へ前へ | 知恵袋一覧へもどる | 次へ次へ

|  当サイトについて  |  サイトマップ  |  入会について  |  お問い合わせ  |